癌治療に貢献する内視鏡。 その1

癌は早期発見、早期治療が必要です。癌は悪性の腫瘍であるから、大きくならないうちに発見し、早い段階で治療する必要がなるということなのです。職場の健康診断などで、「バリウムを飲む胃の検査」という検査項目(医学的には、造影剤を使用した造影放射線画像検査)が、一般的で多くの人が検査を受けた経験があると思います。胃は、袋のような形をした臓器でありますから、骨がなく、通常の単純放射線画像検査では、ほとんど映りません。これをバリウムなどの造影剤を飲んで、胃の形を放射線画像に映す検査で、胃そのものや、胃の中の形状を検査するものです。この段階で、胃の癌(悪性腫瘍)が発見される場合もありますが、医師であっても造影された白黒の断面図のような放射線画像に腫瘍のシルエットが確認できるとなれば、かなり癌が大きくなっていることも考えられます。このような造影検査より正確で早期の段階から癌を発見、または、癌になる恐れのある部位を発見できる検査方法があります。

登録100万人突破!ガンダムゲーム

浮気調査のご相談ならこちら

婚活アルバム